エントリを書きためる方法

 前にMacJournalというアプリを紹介してもらい、しばらく試してみました。メニューはすべて日本語化されていて、簡潔に整理されたインターフェイスに好感の持てる良いアプリですが、エントリの作成環境が自宅であったり、会社の休み時間だったりする私にとっては、使いにくかったのでやめました。
 
 それでどうしているかというと、まず気になったページをBookmarkletを使ってMyClip!したりBlogThis!+SaveDraftしたりしてためておきます。そしてFirefoxでBloggerの管理画面から記事作成してます。
 私にとってはこれが一番使いやすいツールです。何よりもFirefox一本でほとんど全てのことができてしまうのが良いです。

 「Edit Post」のページには公開済みの記事もDraftの記事も一緒になって時系列に並んでいますが、上のメニューからDraftを選ぶとDraftだけが時系列に並びます。ここで気になるのがDraftの他にメニューの中にあるFuturePostsです。たくさん記事を書き上げてしまった人が、自動で1日にひとつくらいずつ投稿させられる機能なのかなと思い、一度試しに日付は変えずに1時間くらい未来の時刻を入れて投稿してみましたが、すぐにUPされてしまいました。どういうことなのかとても気になります。

 不満点といえば、全ての記事が、記事を書き始めた時刻でメモリされているので、PublishPostボタンを押す前にMorePostOotions...から時刻を書き換えないと、サイトのトップに表示されないことです。Draft記事の整理や記事に後から追記したときなんかにこの使用の方が良いような気がするので、時刻書き換える所の横にNOW!ボタンがついてるといいなぁと思います。

[MyBLOG]


About this entry


0 コメント: