こんなキーボードが欲しい!

 前から思ってたんですが、市販されているキーボードってどれも私には使いにくいんです。

 右利きの人はマウスを右手で使うのが普通だと 思いますが、どうしてテンキーとスクロールアロウはキーボードの右側にあるんでしょうか? コレが左側にくると良いことがいっぱいあるような気がします。少なくともCADで図面を描く私にとっては明らかにそうです。たぶん数値入力でモノを動かし ている人には共通して利点があると思います。マウスから手を離す回数が減れば効率がものすごく上がります。
 
 今テンキーとスクロールアロウのある場所があくと、マウスを20センチ近く体に近い位置で使うことができます。これでマウスを使う右手の疲労は、かなり軽減されると思います。
 
  そういう使い方の場合はマウスを左手でつかうんだ、と言う意見も出そうですが、頻繁に使うctrl+○のショートカットのアルファベット(Q,A,Z, W,S,X,C,V)はみんなキーボードの左側に集まってます。だからおのずとマウスは右手で使うのが良いことになります。
 ただしウィンドウズ用キーボードの場合、ctrlキーの位置がアルファベットのエリアから離れているのでこのショートカットがとても使いにくいのです。修飾キーの配列はマック用JISキーボードが良いと思います。
  ウィンドウズではAltキーとメニューバーのカッコ書きのアルファベット(英語版ではアンダーライン)でメニュー操作ができます。それでこの位置にAlt キーがあるんだと思いますが、これは各アプリごとに違うのでとても使いづらいです。各アプリに共通したctrl+○のショートカットが優先されるべきだと 思います。

 それから世の中の大半の人が日本語入力時にローマ字入力しているのに、キーへのひらがな表記はいらないと思います。この方が キーの盤面がすっきりして視認性が格段に上がります。マックのマニアの人がノートブック型を購入するときに、アップストアでカスタム仕様にしてUSキー ボー ドに換えたりしますが、日本語入力を避けて通れない日本のユーザにはやはりJIS配列が良いようです。キーの真中にアルファベットがドーンと表記されるだ けでUSキーボードの気分がかなり味わえます。

 最後にもうひとつ。今後ノート型PCの比率はどんどん高くなるでしょう。既にノート PCしか所有していない人もとても多いと思います。そうするとタッチタイピングの練習をノートPCではじめる人も増えてきます。人間とって理想のキータッ チは、その人がタッチタイピングを習得したときに使っていたキーボードのものであるはずなので、この先ノートPCのような浅いキータッチのキーボードの需 要が上がると思うのです。いくらノートPCが普及しても、どうしてもキーボードの下に熱を発するHDなどを内蔵しなくてはならないので、長時間キーボード に触りつづけなければならないユーザが居る限り、単体キーボードの需要はなくなりません。

 私の欲しい理想のキーボードを整理すると、

  • テンキーとスクロールアロウはキーボードの左側に
  • キーの配列はマック用JISキーボードに準ずる
  • キーへのひらがな表記をなくし、USキーボードのようにスッキリ
  • ノートPCのような浅いキータッチ
 となります。

[Tools]


About this entry


0 コメント: