LOST IN TIME -- Post Grapevineの登場か?


 哀愁漂うメロウロックの日本代表といえば、Grapevineですが(だれもそんなこといってませんか?)、彼らの後継者と思えるロックグループが登場しました。(Grapevineもちゃんとやってますが...)

 哀愁感、メロウ度合い、演奏テク、アレンジセンスなどは、かなりいいセンいってます。ナンといってもいいのは素直で力強ささえ感じさせるヴォーカル。(とはいってもメロウはのこったまま) Grapevineはちょっと声が細いし、巻き舌はいりすぎ感があって気になることもありました。(メロウなんだけどね)
 ここまで強力にオススメしましたが、実は私もラジオで1度聴いただけです。インタヴューに登場してたんだけど、ヴォーカリスト兼ベーシストの人柄もいい感じでした。“ヒカリ”という曲がかかりましたが、上に書いたようにとてもよかった。(Grapevineに“光について”ていうのありましたね。関係ないと思いますけど) 2ndアルバム“きのうのこと”買っちゃおうかな、と思ってます。CCCDじゃないといいんですが。

[MUSIC]


About this entry


0 comments: