コンピュータはどこへ消えたのだろう。


 あたらしいiMacが発表されました。

 真偽のほどは定かではありませんでしたが、事前に新筐体の画像がリークされていました。それとほぼ同じ形のものだったので、正直言ってあまりサプライズはありませんでした。アップル系噂サイトも困ったものです。そういう私も、せっせとそういうサイトを見に行かなければいいんですが....。なにしろアップルフリークなもんですから仕方がありません。

 新しい筐体は、少し厚みのある液晶ディスプレイにしか見えません。この中に光ディスクドライブまで内蔵されています。パソコン本体を液晶もろとも空中へ浮かべてしまったのです。それなのにディスプレイの角度はとても軽い動作で変えられるのだそうです。おそらく旧iMacよろしく思った角度でピタリと止められるのでしょう。

 Appleはこのマシンを家の中でキッチンからリビングへ、今日は寝室へ、と移動して使うことを想定しているようです。それならば小さなものでも良いのでバッテリーを内蔵してくれたら良かったのになぁ、と思います。
 そしてさらに心配なのは、デスクトップのG5マシンが熱暴走をさけるために穴だらけで大きなファンをいくつも付けているのに対し、同じG5プロセッサを載せたiMacがこんなにスッキリしていて大丈夫なのか、ということです。右の画像が効率的な熱放出を示していますが、やっぱり心配です。
 それから、ワイアレスキーボードとワイアレスマウスを使って電源ケーブル以外はすっきりコードレスで使うことが推奨されていますが、ワイアレスキーボードは確かBluetoothの設定にUSBキーボードが必要だったはずです。iMacを買う時にキーボードをふたつ買わなければいけないんだと、ちょっとかっこわるくて、まいったなぁというかんじでイヤだなぁ。

[Apple]


About this entry


0 コメント: