手と手をつないでデータ通信


 松下電工は、人体を通信ケーブルの代わりに利用して近距離データ通信を行なう「人体通信」の実用化に成功したと発表した。同社では、対面販売用の計量プリンタ向け「タッチ通信システム」として、計量器メーカーの寺岡精工へ6月から納入を開始しているという。
 専用チップを搭載したリストバンドを手首に装着することで、人体を伝送路としてデータ通信を可能にする

 のだそうです。

 これからこういうのがどんどん増えていきそうですね。
 今はまだ、いかにもって感じのリストバンドをはめていたりして、外見で通信しているのが丸わかりなんだけど、そのうち、知らないうちに通信されたり、したりってことになりそうで怖いです。

[Technology]


About this entry


0 コメント: