極東ブログ : 米国ブログが既存ジャーナリズムを叩き潰した

 要約すると、

 著名なダン・ラザー(72)を看板キャスターとして据えるCBSの報道番組「60ミニッツ2」(アブグレイブ収容所の拷問映像写真を流した番組)が、ブッシュ大統領の兵役に疑問を投げかけた。その際、疑惑を立証する新資料として、ブッシュが州兵時代だったときの上官キリアン中佐によるものとされ、ブッシュの訓練や健康診断を免除したり、評価に手心を加えるよう上層部から圧力がかかったことを記しメモが提示された。
 が、このメモがどうも胡散臭いシロモノで、ブロガーたちは即座にこの検証に取りかかり、メモに使われているフォントなどから偽物であることを証明した。結果はCBSダン・ラザー側の負け。

 ということです。アメリカのブロガーたちの草の根ジャーナリズムが、巨大なメディアのうそを暴いた、ということです。

 極東ブログのfinalventさんいわく、

 おまえはなぜ極東ブログを書く?と自問。答えは、ブログがジャーナリズムを越えていくようすをいち早くみたいからだ。もうちょっと恥ずかしく書くと、米国のブロガーに負けてられねーよ、あいつらに負けたくねーよ、と。劣等感? そうかもなである。そして今、やつら(米国ブロガーズ)はやってくれたよ。既存ジャーナリズムをついにぶっ飛ばした。どこかでブログが既存ジャーナリズムを越えていく分水嶺(Watershed)を見せてくれる日が来るかと思ったが、いよいよかもしれない。

 とのことです。

 日本でもCCCDや輸入盤規制に関しては、ブログ界隈では大騒ぎしているのに、既存メディアはほとんど取り上げませんでしたよね。それが今、CCCDについては問題解決に向けて大きく動き始めています。もちろんブログでのムーブメントだけがその原動力となったわけではありませんが、一翼をになったことは確かです。ブログ界隈から発生したCCCD不買運動は、ボディブローとしてかなり効いたんじゃないかと思います。

 わたしも椎名林檎のアルバム欲しかったけど買いませんでした。

[blog]


About this entry


0 コメント: