ついに岩山が動いた

 エイベックス、CCCDの採用を弾力化

 エイベックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林敏雄)は、本年9月22日に発売するCDより、コピーコントロール機能を施すか否かについて商品ごとに弾力的に決定していくことといたします。これは、著作権侵害行為に対する啓発活動が一定の成果を収められたことや、HDDミュージックプレーヤーなど新しい音楽の楽しみ方の広がりに対応していくためです。

 この前のお家騒動が、この画期的決断の発端となったと見るのが正しいでしょう。
 
 さらにエイベックスは、このプレスリリースをこう締めくくっています。
 また、当社は、著作権保護を図りながらパソコンへの音楽取り込み、HDDミュージックプレーヤーへの転送、CD-Rへのコピーを可能にする新しいDRM (Digital Rights Management)技術が開発されれば、新技術の導入も積極的に検討していく考えです。

 ようやく頭の固いレコード業界のおじさんも、HDDミュージックプレーヤーで音楽を楽しむスタイルは、既に無視できないくらい大きな革命を起こしてしまっていることを認識されたのでしょう。
 
 次はダウンロード販売ですね。

[Music]
 


About this entry


0 comments: