自販機前からネット接続 全国初、名古屋で開始

 以前にニュースで見た計画が実際に開始されたようです。うらやましい限りですね名古屋の方達。
 
 この自販機1台で半径50メートルの範囲で無料で無線LAN接続が可能になるそうなので、これが100メートル間隔で並んでいれば広い地域をくまなくカバーできるようになりそうです。いわゆるFree Spotというやつです。

 おそらく近い将来、通信形態はおおむねこれに近いものに統一されていくんじゃないかと思います。
 つまり、携帯やPHSが通信エリアを広げたのと同じように、Free Spotもドンドン範囲を広げ、人々はもっと小型の無線LAN端末(おそらく恐ろしく高性能になった今のPDAのようなもの)を持ち歩き、無料でLANへ接続し、音声通信やデータ通信を行う。
 LANに接続できる訳だから、個人のデータはすべてWebスペースにおいておくことになるでしょう。つまりデータはいっさい持ち運びません。仕事ののファイルも、スケジュール帳も、アドレス帳も、趣味の写真も、すべてWeb上においておき必要な時にアクセスして必要なものだけを閲覧します。端末は当然小型化する訳です。

 こうなると、現在のNTTやISPがやっている商売は成り立たなくなります。基本的に通信そのものは無料になってしまうのですから。商売として残るのはコンテンツ提供だけです。有料のコンテンツ、または、広告付きで無料のコンテンツ。そのどちらかです。いかに人を集めるコンテンツを作るか、が、この先の商売の鍵になりそうです。

 遅かれ早かれ、いずれその状態になるでしょう。その環境整備のための第1歩を踏み出した、というところでしょうか。
 しかし面白いのは、この計画の根底には「自販機の設置促進」というコンセプトがあり、少しも未来の通信環境への展望を描いている訳ではなさそうなところです。

[IT]


About this entry


0 comments: