iBook 復活!

 昨年末に壊れて年賀状の印刷に支障をきたしてくれた我がiBookがはれて復活しました。

 いろいろ考えた末、アップルのピックアップ&デリバリーサービスを利用して修理に出したのです。

 1/10にアップルに電話して1/11の夕方に福山通運がきてピックアップしていきました。渡したのはiBook本体とACアダプター。箱は向こうで用意してくれるので、ただ渡しただけで簡単でした。
 
 1/13の夕方にアップルから修理センターに到着した旨のメールが届いたと思ったら、その2分後に修理完了と発送を伝えるメールが届きました。これには私もさすがに、やっぱりダメだったかと思いました。

 私のiBookは昨年アップルがリコール対象機種として発表した中に入っていました。しかし、全く問題なく動いていたし、その型番のすべてのマシンに不具合があるわけではないとも書いてあったので、そのときは何ともなく通り過ぎていたのです。
 今回の修理はそのリコールの一環として行われ、ピックアップ&デリバリーと内部の確認、そしてロジックボードの不具合であれば交換まではすべて無料で行われることになっていたのです。もし、ロジックボード以外の不具合であれば、不具合箇所を明記した上で修理は行わずに返送してもらうことにしていました。

 いくらなんでも3年も使い倒したiBookだし、いいかげん買い替え時だとあきらめていたのですが、昨日の夕方届いたiBookを開けてみると(←早すぎ!)、なんとロジックボードが交換されて復活しているのです。
 その際ハードディスクは初期化されデータはすべて飛んでしまいましたが。
 起動するとOS9が立ち上がったのにはすこしビックリしましたが、そのあとパンサーとiLifeをクリーンインストールし、膨大なソフトウェアアップデートをかけ、最低限のバックアップデータを復元しました。
 3時間ほどかかりましたが、やってる間は別のことしてればいい訳で、どうってことありませんでした。

 いやぁ~、アップルには脱帽しました。こんなに早く一件落着してしまうとは思いませんでした。それもすべて無料で。こんなことなら悩んでないで1月5日に電話して取りにきてもらうんでした。しかし、予想外の展開にビックリです。

 こうなると欲が出てきて、このiBookをアップルの下取りサービスに出して(どうも5万円くらいにはなりそう)新しい機種に買い換えたくなってきました。春頃に新しいハードウェアの発表がありそうだし、タイガーの発表まで待ってタイガー搭載機種を狙うことになりそうです。

[Apple]


About this entry


0 コメント: