ケツメイシ、教科書登場 「現代社会」の資料

ケツの穴~初級篇~
ケツメイシ

トイズファクトリー 2004-09-15
売り上げランキング : 1,248
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ケツメイシは言わずと知れたヒップホップグループ。

 ヒップホップやレゲエ、ラップという形態をとりながら、卓越した音楽センス、時流を捉えるセンス、そして押し付けがましくないメッセージが込められ、また風流ささえも感じさせる絶妙なリリックによって、弾んだリズムの曲であっても割と落ち着いてしっとりと聴くことができます。

 そのあたりが評価されたのか、彼らの歌詞の一部が高校の教科書に掲載されるのだそうです。
 その歌詞の一部がこちら。
 ―ずっと友だち だが時は経ち 変わりゆく街のなかで 共に育ち―。

 見事に韻を踏んでます。ラップの部分ですね。

 とはいえ彼ら、上のDVDのタイトルでも分かるように、かなりふざけてます。公式HPなどで彼らのツアータイトルなどを見てみると、かなりとんでもないことになってます。

 私はこのとんでもなさを批判するわけではありません。
 逆に、このとんでもない彼らが、ちゃんと大人の皆さんに評価されたことに、「バンザイ」と叫びたいのです。

[Music]
 


About this entry


0 コメント: