アナログフィッシュ



 夕方のラジオで気になる新人を発見しました。彼らの名前はアナログフィッシュ
 
 3ピースバンドとは思えない分厚い音作り、GとB二人のメインボーカルにDがコーラスをつけるスタイルでさらに分厚さを増します。
 ラジオで流れた「BGM?」はあまりにも自由で巧みな曲展開とアレンジ、「B・G・M 」という3人のシャウトで構成され、彼らの音楽的才能を感じさせるのに十分な作品です。「骨太な中村一義」といった印象でしょうか。

 ロッキングオンによる彼らのライブリポートによれば、

転調はもちろんのこと、リズム、テンポも一曲の中でどんどん変わっていくのにつれて、ぐいぐい気持ちがそのグルーヴに引っ張られていく。構成は複雑だが、「奇を衒う」なんていう意図によるものではなく、それが彼らの音楽的生理に忠実な表現フォルムだから、聴いていて気持ちいい。ドライヴしていてぐんぐん視界が開けていくような爽快感がある。

 確かに末恐ろしい3人です。

[Music]


About this entry


0 コメント: