北の零年とトニー滝谷

 無料の観覧チケットをいただいたので、この前の土曜日に「北の零年」を観に行ってきました。
 私のまわりの北海道開拓時代を実際に知っている人たちの話によれば「あんなもんじゃない。もっと厳しかった。」ということになるようです。この映画で何よりも驚いたのは、予想を大きく裏切る結末です。まさかああいうことになるとは.....。

 この映画の上映開始をロビーで待つ間に目にとまったのが、4月に上映される予定の映画のチラシです。

 トニー滝谷

 村上春樹さんの短編小説を原作とし、監督の市川準さんが村上さんと相談しながらストーリーを膨らませていったそうです。
 最近海外でも評価の高い、イッセー尾形さんと宮沢りえさんのおふたりが、それぞれ二役ずつを演じています。
 そして坂本龍一さんが書き下ろした静謐なピアノ曲が、静かに映画を彩ります。
 静かに静かに心にしみ込む映画のようです。

 チラシを見ただけで、とても惹かれてしまいました。ぜひ観に行きたいと思います。

[Movie]
 


About this entry


0 comments: