Musical Baton

 ポトフさんからバトンが回ってきました。

 いつ私のところに回ってくるのか、密かにドキドキワクワクしていたわけですが、もらったバトンを5人に回す行為を15回続けると地球の人口を上 回ってしまうらしいので、もうそろそろ日本のブログの数くらいにはなってそうな気もします。ちゃんとバトンを回せるのかちょっと疑問です。

  • コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

  •  3515曲、10,5日、13.91GB

  • 今聞いている曲

  •  会社ではずっとFMラジオを聞いていますが、家ではほとんど音楽を聴かなくなってしまいました。ですから今は何も聴いていません。

  • 最後に買った CD
  •  
     「愛のポルターガイスト」小島麻由美

  • よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲

  •  私が音楽にはまり込んでいった頃に聴いた、とても影響力の大きかった曲を挙げてみます。

     She loves you (The Beatles)
     小学生の頃、先輩のラジカセから延々と流れてきたビートルズの曲に、それまで歌謡曲しか知らなかった私は衝撃を受けました。その中でもこの曲は特別に聴こえました。

     Private Eyes (Hall & Oates)
     中学1年生のときにFMラジオから流れてきたkこの曲にやられ、それ以来ラジオのエアチェックをしまくった。洋楽にハマっていくきっかけになった曲。

     東風 (YMO)
     これもやはり中学の頃。とにかく極度に洗練された音楽性とビジュアル性にのめり込んだ。それに彼らのユーモアセンスにも痺れました。

     言葉にできない (オフコース)
     洋楽やYMOにハマる一方、正統派ニューミュージック(懐かしい言葉)の彼らも大好きでした。彼らもその頃の邦楽アーティストの中ではビジュアルにも力を入れているほうでした。

     サムデイ (佐野元春)
     オフコースの解散と前後して、入れ替わるように聴き始めたのが彼の曲でした。彼もやはりビジュアルにこだわり、音楽の世界だけにとどまらず映像や出版など実験的な活動をして、とても刺激的でした。

  • バトンを渡す 5 名

  •   私の数少ないブログを運営している知り合いを見渡してみて、まだバトンを受け取っていない人を捜してみましたが、とても5人には足りませんでした。とりあえずまわしてみますので、無視して放置もあり、という方向で受け取ってやってください。お願いします。
     
     kazenotayoriさん@monologue
     Journeymanさん@旅の道草
     あすかさん@SUNDAY MORNING BLUE

    [Music]
     


    About this entry


    3 コメント:

    1. Hit 2005年6月18日 0:11

      YMOも佐野元春も私は入れませんでしたが、よく聞いていましたね。

      だんだん渡す人に困るようになりますよね。私はstylogに逃げちゃいましたが、後からあの人にも、とか思うんですよね。

       
    2. あすか 2005年6月18日 8:43

      お久しぶりです!
      バトン、はじめてしりました。
      明日にでも回そうと思います。

       
    3. H & A 2005年6月18日 17:02

      >hitさん
      結局見つからなくて3人になっちゃいました。

      >あすかさん
      お久しぶりです。
      バトンの存在を知らない人には、あの内容ではチンプンカンプンでしたね。
      ごめんなさい。
      今からでは遅いですが、バトンの内容を示すリンクを張っておきました。