ソウル(魂)あるもの作り

 JAM LOG さん経由、Life is beautiful :ソウル(魂)のあるもの作りを読んで。

 10年早すぎた、と言われることで知られる Apple 社製の PDA 「Newton」の開発にチーフアーキテクトとして携わったスティーブ・キャップスの、「マイクロソフトとアップルのどこが違うか」という質問に対する答え。

 「マイクロソフトのプロダクツにはソウル(魂)が無い」

 以前に「iPodはスローライフを目指している」という記事を書きましたが、このあたりにもやはり「ソウル(魂)」を感じさせられます。「思想」と言い換えても良いかもしれません。逆境の中で心の支えとなり、対立する考えに対して臆することなく主張のでき、決してブレることのない「思想」。

 さあ、明日はどんな「ソウル」をみせてくれるんでしょう。

[Apple]
 


About this entry


0 comments: