便利になりすぎると

 伊藤ガビンさんの先見日記「電車買います」を読んで。

 あいかわらずくだけまくった文章の中にピリリと効いた風刺にやられました。

 いろんなところが心に響いてきたのですが、中でも

でも、そんな数十年の誤差なんて地球の歴史から見れば「ほぼ同時」と言ってもかまわないんじゃないかなー。

 ってところが一番効きました。う~む、これはスゴい。いろんな場面で使えそうだ。メモメモ。

 いやいや、そうじゃなくて。

 つまりこの文章で言わんとされていることは、あんまりものごとが便利になっていくと、根本的な部分が本質的に変わってしまうってこと。
 便利になって本質が変わってしまっても、それでいいものもあれば、それじゃまずいものも、やっぱりある。進化と引き換えに退化する部分もあるってこと。

 このあたりを少し意識的に捉えて行動してみると、何か良いことがありそうな予感。

[Society]
 


About this entry


0 comments: