フォーマットとして求めない方がいい

 ぼくのにっきちょう - 松任谷由実×松浦亜弥 より

 記事の最後に(東京FM「松任谷由実 For Your Departure」2005年10月30日放送分より)となっているとおり、昨日放送されたFMラジオ番組の中での会話の一部です。

 私も結構好きでたまに聞く番組のひとつです。昨日もこの番組に合わせてラジオを付けて聞き始めたんですが、ゲストが松浦亜弥ということだったので消してしまいました。そういうときに限ってこういうおもしろい話が出てくるんですね。

 あややが“近い将来は自分で作詞というものをやっていきたい”といったのに対してユーミンが“そんなのやめた方がいい”とやたらに否定しています。

 曲とか詞を書くっていうのは、もう生活、生理、いっしょだから、食事したり歩いたりすることと。言われる前から書いてるのよ、人が止めようと、勧めようが、勧めまいが。自分の欲求として、もう幼い頃から作っちゃっている。もちろん、ある日突然、書きたくなって、自分で書いたものを、自分の言葉を歌いたくなって、ひらめいちゃって、ってことはあるかもしれないけど、書いて歌うようになりたいんです、って言っているようだったら、書かない方がいいと思う。

 う~む、そうかもしれない。激しく正しいかもしれない。ユーミンという人はこの手のことをいわせると、とんでもない説得力をもっている人だと思います。
 
 で、最後に、
 どうしても書きたくなって、ということがあれば別なんだけれど、フォーマットとして求めない方がいいと思うよ。

 となります。この“フォーマット”って言葉のチョイスがさすがユーミンって感じです。この言葉が無理せずに自然に出てきてる感じがさすがです。やっぱ生まれながらの作家です。

 ところで、ユーミンがあややに、“人が書いてきたものを、自分のものにしちゃって歌えるっていう方が素晴らしいと思う。”といってますが、逆にユーミンはそろそろ作家に徹してもいいのではと思います。
 ユーミンの声がユーミンの作る作品とピッタリあっていたのは「昨晩お会いしましょう」あたりまでだったんじゃないかなと思うのです。

[Misc.]
 


About this entry


0 コメント: