教養の価値

 学生時代によく「こんなの勉強したって、社会に出てから何の役にも立たない」なんて、自分の不勉強を無理やり正当化したりしましたが、社会に出てからは「あの時もっと勉強しとけばよかった」なんて思うことが多くて愕然としたりします。
 
 Passion For The Future: グロテスクな教養に、教養とは何かがうまく書かれていました。

  • 古典を知っているから深く味わえる作品があること
  • 古今東西を知ることで全体像を理解すること
  • 自分と無関係の他者に対する想像力を強化できること
  • ”ビジョン”に幅広い支持者層を得られること
  • 面白いユーモアを言えるネタ元
 最後にユーモアが出てくるところに激しくうなずいてしまいました。人を笑わせる能力って、知識に裏づけされた引出しの多さや、場の空気を読み、タイミングを逃さない直感的な能力など、多彩な素晴らしい能力の集大成だと思うのです。
 まぁもちろん、天然ボケで笑いをとる、なんてのもありますが。逆にいえば、もっとも知的なユーモアは、緻密に計算された確信犯的な天然ボケ、といえるかもしれません。「Mr. ビーン」あたりがそれっぽいですね。

[Misc.]
 


About this entry


0 コメント: