ライブドアについてちょっとだけ、う~む

 まず私がクリップしている記事の一覧はこちら。:: H & A :: bookmark / livedoor

 よく注意しなければならないのは、「私たちが監視すべき対象はホリエモンの悪行なのか、それとも・・・」にあるように、近代法のもとでは検察や警察は裁判の一方の当事者であり、まだライブドアの有罪が決まったわけではないということです。東京地検特捜部の行動が100%正しいと決まっているわけではなく、現在立件されようとしているのは、非常に判断が難しく、限りなくグレーに近い部分なのです。

 今現在の私自身の意見は、Zopeジャンキー日記 の「ライブドアは虚業だったかもしれないが、私たちが見たものは夢ではなかった」にかなり近いです。
 仮にライブドアの有罪が確定したとしても、一事が万事ではない、ということにも注意しなければなりません。人間、悪いこともすれば良いこともします。ひとつの悪事によってそれまでの善行をすべてなかったものとしてしまうのは、あまりにも愚かなことです。少なくとも公の場では為されるべきではありません。
 
 社会制度の不備を突いた違法行為すれすれの経営戦略は非難される部分も多いでしょうが、彼等の時勢を読み取るカンの鋭さと、行動に移すときのスピーディーさは見習うべき点が多いと思います。
 そして一番大事なことは、既得権益の上にあぐらをかいてぬるま湯に使っている、多くの古い感覚を持った経営者や権力者の作り上げた社会構造をぶち壊す気概を持った精神は、もし彼らが退いてしまったとしても、後に続く誰かによって必ず引き継がれなくてはならない、ということです。

 様々な報道を見ていて一番腹が立つのは「 社会ニュース">ライブドア いつかこうなると・・・」というものです。苦労せずに金儲け・・・とか、汗水たらして働け・・・とか、安易なマネーゲームは許されない・・・とか。
 彼らのやり口はずる賢かったかもしれないけど、普通の人たちの何倍も働いていただろうと思います。それに、全ての株式投資はマネーゲームだ思うのですがどうでしょうか。後だしジャンケンはズルいですしね。

[, ]
 


About this entry


0 コメント: