mixi サイドバー

 最近追加された mixi サイドバーについて、様々なところで不快感が表明されています。

 かくいう私も、既に Firefox 環境では Greasemonkey でサイドバーはスッカリ消しちゃってます。ただ、なぜこんなに不快なのかは分からないまま。
 「こんなに不快」と書くと、なんだかものすごく不快なように思われるかもしれないけれど、この不快感は「ものすごい」ものではなくて「そこはかとない」ものなのです。なんだかわけがわからないけど、心の奥の方でぼんやりと感じる不快感。

 で、その正体が分かりました。まずはこの記事。

 ここでは、このサイドバーに含まれる項目の全てが、ユーザー個人とは無関係であることが指摘されています。なるほどそのとおりです。
 で、この事実と、以前に「指話(Yubi-Wa)」で書いた、伊藤ガビンさんのかなり鋭い指摘、つまり「無視されてる感」とがバチーンとつながってしまったのです。ここでいう無視とはつまり、公共の場所において携帯電話でしゃべったり化粧をしてる人たちから感じる類いの、そこはかとなく深層心理に響いてくる感じのものです。

 もともとの mixi のトップページは、マイミクや所属するコミュニティとのコミュニケーションを円滑に進めるために機能が、とても効率よくスマートにコーディネートされたものでした。そこにあるのは、自分と自分が好きな人たちのためものばかりでした。
 そこへ自分とは無関係の異物が挿入されたとき、無意識のうちに「無視されてる感」を感じ取っていたんじゃないだろうか。

 あのモヤモヤ感の正体は、こういうことなんじゃないだろうか。

[, , ]
 


About this entry


0 コメント: