直感力

 情報考学 Passion For The Future で、おもしろい本が紹介されていました。

 この記事から数珠つなぎに、過去にも同じような内容の本が紹介されているのを見つけました。
 最後のはちょっと違いますね。ここで取り上げたいのは人間の「直感力」とでも呼ぶべき力のことです。あるいは自分の直感を信じる力ともいえるかもしれません。
 最後のは、実はこれとは全く逆のことをやっていて、ものすごいスピードで大量の議論や仕事をこなすことについて書かれています。

 人間はもう少し自分たちの「直感力」を信じてもいいのかもしれません。ただ、あるものごとに熟練した人の、その分野に関する直感はかなり正しいらしいのですが、素人の直感はオッチョチョイや早とちりということばで表現されるような事態になることが多いらしいので、そのあたりは良く気をつけなければなりません。

 HotWired にはこんな記事がありました。
 このあたりは、なんとかコンピューターに頼らずに、人間自体の力のみでなんとかしたいものです。

[, ]
 


About this entry


0 コメント: