韓国の道徳番組

 この前テレビで,世界各国の子供向け道徳番組が放送されていました。それぞれ10〜15分くらいの長さで,どれもその国のお国柄が出ていておもしろかったのですが、その中のひとつに韓国のものがありました。これにはちょっと驚きました。

 小学生の女の子が、お金について疑問を抱いています。スピード違反をして警察に止められた車の運転手が,警察官にお金を渡して見逃してもらっている場面を目撃します。テレビドラマでは悪役に捕まった人が持っているお金を全部だして命乞いをします。お金って何だ? お金があれば何だってできるのか。お金があればひとの心だって買えるのか? 女の子はそんなお金が嫌いだたまりません。
 そんな中,心を寄せている担任の女性教師が,クラスの他の児童の親から、何やら怪しげな白い封筒を受け取っているのを目撃します。女の子は封筒の中身をお金だと疑い,先生を軽蔑します。その後,今度は自分の母親が、これを先生に渡すようにと白い封筒を女の子に託します。さらに中身は見ないようにと念を押されました。
 女の子はこの封筒を先生に渡すべきか悩みました。今でもまだ大好きな先生に、この汚いお金の入った封筒を面と向かって渡すのはイヤでした。でも渡さないと母親に怒られてしまいます。仕方なく先生がいないうちに先生のかばんにこっそりと入れておくことにしました。
 いろいろあったあと、女の子は他人のかばんをまさぐっているところを見つかってしまい、教頭先生にひどく叱られることになってしまいました。

 結局のところ封筒の中身は、先生が担任している子供達の学校での様子を伝えるために父兄とやり取りしている手紙だったのです。

 なぁんだ、先生やっぱり大好き! めでたしめでたし。

 という内容だったのですが(←長い)、韓国で賄賂がいかに一般的なのかがとってもよくわかりますね。う~む。

 で、私が感じたのが、日本がいかに平和かってことです。でもこれは良いのか悪いのか良くわかりませんね。ある意味、賄賂に対する免疫がほとんどないわけですから。

 平和。平和です。平和だなぁ。
 
[, , ]
 


About this entry


0 コメント: