Bubble Chair

 私は昔からこの椅子が気になってしょうがありません。

たしか「時計じかけのオレンジ」でも、主人公の部屋にあったようななかったような。

私はこれのどこにこれほど惹かれるんでしょうか。

透明なアクリル製の球体の一部をカットしただけのシンプルな形態。重心の真上から吊られることによって、クルクル回ったりユラユラ揺れたり、まさにバブルの名前がピッタリです。

隅から隅までシンプルで、非の打ち所がないほど合理的です。まるで時間をかけて自然が作り上げた形態のようです。言いかたを変えれば「神」が作った形態のよう、というと大げさすぎますか。

こんなのが家にあったら、子供が大喜びして遊びそうですね。


About this entry


0 コメント: