MacBook スペシャルなブラック

ついに発表されました、MacBook。

わたしがこのニュースに対してこれまでに集めた情報はこちらにあります。

この中で気になるのはなんといっても「ITmedia +D PCUPdate:「黒いのは高いだって? それはスペシャルだからさ」――MacBookインタビュー (1/2)」でしょう。

発表された MacBook のラインナップを眺めて誰もが気になるのがブラックモデルがなぜ高いのかということ。
その理由はとても単純に「黒いから」なのですよ。なんと。

もう少し説明すると、アップルが満足できる黒いポリカーボネイトの筐体を創ったらとてもコストのかかるものになってしまい、どうしてもそのグレードを譲ることができなかったので値段に差をつけてブラックモデルのリリースに至った、ということになりそうです。
そのブラックモデルの筐体の「スペシャルな」質感は、まったく買う気はなく、ただ新しくリリースされた MacBook がどんなもんかを確かめに Apple Store を訪れた人の心を容赦なく鷲掴みにし、いつの間にか我を忘れて購入に至らしめる、という荒業をやってのけるくらいものスゴいグレードのようです。
なんといいますか、こういったニュースだけを集めているだけで、無性に実機を見てみたいとか触ってみたいという気持ちにさせるところがアップルのスゴいところだと思います。

あ~、いつ見られるんだろう?!


About this entry


0 コメント: