青木淳のカッコ良さの秘密

 ほぼ日刊イトイ新聞- 建築って、おもしろそう。を読んで。

まず思ったのが、この人がカッコいいのは、なにもかも既成概念をブチ壊しちゃってるからなんだなってことです。それを実現するために、自分の事務所を4年制(!)にして、いろんなものに染まってきつつある所員に独立してもらったり、建築設計なんかあんまり得意じゃなかった新卒を採用したりってことをやってるんだと思います。

それにしても、アレやコレのカッコよさと、あの人のあの容姿とのギャップはもの凄いものがあります。それはそれとして、このインタビューの中で私がビクンときてしまったところをいくつかピックアップしてみましょう。

自由業には、ほかにも、
医者や弁護士がいますけど、
「人がこまったときに頼むもの」ですよね。

建築家というのは、
「人がたのしいときに頼むもの」ですから、
こちらはエンターテイナーでもあるわけで。

まったくもってその通り。このことをいつも忘れないようにしないといけないなぁと思います。でも、建築でいうと個人住宅の設計はバッチリこれに当てはまりますが、公共建築なんかは違いますね。そのあたりのこともインタビューの中で出てきてます。

いちばん参考になるのは、
人に見られるとか、どう見えてほしいとか、
そういうもののない景色です。

行き詰ったときには、工業地帯へ行って工場を見るんだとおっしゃってます。建築家もゼネコンもホームビルダーもディベロッパーも関係なく、その土地に住む人たちがその土地の材料を使って永いあいだかけて作り上げた集落なんかが美しいのと通じるものがあると思います。

これからも目が離せそうにありません。


About this entry


0 comments: