島田ゆかの絵本が熱い

いま我が家で、親子そろって夢中になっています。

キモかわいい系のキャラクター。ユーモラスでハートウォーミングなストーリー。
そして冬。寒いけどあったかい冬。

油絵のような、日本画のような、和洋折衷といえばいいのか、なんとも不思議な深みのある細やかなタッチで描かれた絵も大きな魅力のひとつです。上のリンクの公式サイトの「Profile」に「使用している画材について」というリンクがあったのですが、現在リンク切れになっています。残念。

隅々まで細かく書き込まれた絵の中には、たくさんのユーモア、たくさんのリンクが盛り込まれていて、本を開くたびに新たな発見があります。

島田さんは東京のデザイン系専門学校を卒業し、現在はカナダのオンタリオ州にお住まいなんだそうです。冬の扱い方が特徴的なんですが、これで納得いきました。日本ではどこで生まれ育ったのか、ちょっと気になるところです。

キモかわキャラクターたちのぬいぐるみも販売されているようです。
こ、これは。男の私でも欲しくなります。

バムとケロのさむいあさ
島田 ゆか
文溪堂 (1996/12)
売り上げランキング: 3,667
うちにかえったガラゴ
うちにかえったガラゴ
posted with amazlet on 06.08.24
島田 ゆか
文渓堂 (2002/06)
売り上げランキング: 4,796


About this entry


0 コメント: