母乳搾乳器のこと

この記事を読んで思い出したこと。

大阪で勤めていた会社に、同期入社でとても仲良くしてもらっていたやつがいて、僕もそいつのことが結構好きだったので帰りにふたりで呑みに行ったりとかしてました。

子供が生まれたばかりのそいつが突然、
「いまは母乳搾乳器という、とても便利なものがあってねぇ」
と、いつもとは明らかにちがう口調でいいました。
どれくらい違うのかというと、そいつはいつもバリバリの大阪弁なのです。

で、そいつはそのあとも、その母乳搾乳器の便利さについてやたらと熱心に語ってくれました。

搾った母乳を哺乳瓶に入れて自分が飲ませていることとか、ちゃんとした温度の場所においておけば結構保存が利くこととか。ずっとその妙な口調のままで。

僕はなんだかちょっと変だな、とは思ったけど、奥さんが関東の人だから、そういうことなのかな?とか無理矢理納得しながら話を聞きました。

今日、上の記事で筆者が、「ダウナーな気分になる」と書いているのを読んで、あ、あいつはあのとき実は気分がダウンしていたんだろうか? と思いつき、自分はなんて人の気持ちのわからないやつなんだろう?と思えて、なんだか泣けてきました。(←ウソ



About this entry


0 comments: