プリーズ

国際線の飛行機に乗ると食事のときに、青い目をした金髪の乗務員さんに「Beef or Chicken ?」なんて聞かれたりします。
ちょっと考えたあとに「Chicken.」なんて答えたりするわけですが、これを「Chicken, Please.」として、さらにスマイルを付け加えたりすると好感度があがる、というのをどこかで聞いたことがあります。

というか、プリーズもスマイルもないのは日本人か中国人くらいのものらいしいです。うーむ。

考えてみれば、日本人が日本の食堂に入って注文をするとき、「カレー。」とかやっているのをよく目にします。正しくは「カレーください。」ですね。
日本語でできないものを英語でやれといっても無理なものです。

日本ではいつからこんなに「客」が偉くなったんでしょう?

過去の関連記事

インスパイア元


About this entry


0 コメント: