H & A とは

Google や Yahoo! で検索してみると、いろいろとでてきます。

岩井俊二監督の映画「花とアリス」が別名でこう呼ばれていることがわかります。他にはシャンプーのブランド名であったり、「Home & Away」だったり「Herb & Aroma」だったり、有機栽培をしているグループの名前だったりします。

いずれにしても、なにか説明がないと何のことなのかわからないところが共通しています。そしてこれは、僕がウェブで使うハンドルネームを考えたときの狙いそのものなのです。

これまでにあまり見たことも聞いたこともない、そっけない無機質な記号の組み合わせで、でも一度見たら忘れらないくらいに覚えやすくて、その意味を想像することが難しくて、でも説明されれば、あ、なるほど、となるバックグラウンドストーリーがちゃんとあって、でも人それぞれに解釈する余地がちゃんとあって、文字では明快なんだけど口に出して読むとちょっとまどろっこしくて、そのうちに略して読んでもらえそうな感じ。

もともとこれは、僕の本名「Hideki ANDO」をもじったものです。最初は「hando」でした。「jkondo」みたいな感じで。これは今でもまだ、僕のはてな id として残っています。7・8年くらい前に「はてなアンテナ」を使うためにつくったものです。
英語で「手」を表す「hand」をローマ字で書いたようで、手を使って仕事をする僕としてはちょっと気に入っていたんですが、本名が表に出すぎている感じがして、その頃のネットの風潮を考えるとちょっと気になっていました。その風潮は最近ちょっとずつ変わってきているでしょうか。

そのあと3年前にブログをはじめるときにブログタイトルとともに考えたのが、このハンドルネームです。すくなくとも、ここから本名を想像することは難しくなりました。
でも「H」と「A」は僕の名前のイニシャルで、「&」も僕の苗字を表していなくもありません。そしてこの3文字は、水平線と垂直線、斜線と曲線という、グラフィックデザインをするのに必要な純粋要素を効率よく表しています。
それから「& A」の部分は「& Associates」を表していることにできなくもなくて、独立を目指している僕が、それを実現したときの屋号にもなりそうでした。

それになによりも。たいして更新もしていないこのブログが、「H&A」で検索してこの位置にでてくるのは、この意味不明のハンドルネームのおかげによるところが大きいような気がします。


About this entry


0 コメント: