「早い」と「速い」

細かい話で恐縮なんですが、僕的にはあんまり細かい話でもないので書いてみます。

「早い」と「速い」。このふたつの「はやい」の使い分けってちょっと難しいですよね。ちゃんとしっかりとした文章の中にも間違って使われているのをよく見かけます。単純に変換ミスってのもあるんでしょうけど、それでもやっぱり気になります。

とか言ってる僕も、この場合はどっちの「はやい」だろう? と迷ううこともあるので調べてみました。ふたつの違いをとても簡潔に説明してたのがこの記事です。

【早い】→ 時間的に前であること
【速い】→ 動きが急であること

【早い】→“early”“prematurely”“soon”
【速い】→“quickiy”“fast”“rapidly”  
「早く食べる」・・・普段の食事時間を前にずらす、など
「速く食べる」・・・かき込むような食べ方をする、など
「早い電車」・・・他よりも先に出発する電車、朝早く出る電車、など
「速い電車」・・・一定の距離をより短時間で走る電車、特急電車、など
こうやって並べてみるとよくわかりますね。


About this entry


0 コメント: