桜のころ

昔から桜の花を見ると血が騒ぐ性分。

子供のころテレビのニュースとかで、
桜の下で花見をして盛り上がっている様子を見ると
うらやましくてしかたなかった。

家族で夜桜見物に行くと
匂うような妖艶さに
密かにクラクラしてた。

中学生のころ、どうしても花見がしたいと親にせがんで
休日の昼間に両親と弟の4人でお弁当もって花見に行ったけど
思ったほど盛り上がらなくて
はっきり言ってつまらなくて
ガッカリした。

考えてみれば母親とむさ苦しい男3人で
会話が盛り上がるはずもなかった。

大阪で就職した会社の裏の公園が花見の名所で
なのにその会社では花見をする習慣がなくて
1年目は酔客たちの様子を指をくわえて眺めていた。

2年目は我慢できず、会社に直訴して福利厚生費をつけてもらい
賛同してくれた同僚らといっしょに花見を主催した。

はしゃぎすぎた。

桜の樹に登った。

枝をゆすって花吹雪。

熱々ラーメンの一気食い。

最終的に会社の玄関前で吐いた。

後輩の部屋に泊めてもらった。

それ以来、その会社では毎年有志で花見が行われるようになった。

僕が辞めたいまでもやってるだろうか?

ソメイヨシノの咲かない北海道へ来て、4月で6年目になる。


About this entry


0 コメント: