新聞をどげんかせ(ry

どこかの親切な方が Yahoo! Pipes を使っていろんな新聞社の全文フィードをつくってくれたのを見つけて、どんなもんかと試しにフィードリーダに登録してみたんですが、予想以上のスゴさに驚いています。

驚くべきは、単純にその量と質です。 情報の信頼性が高く、バラエティ豊かで、速報性も高く、文章も写真もクオリティが高いです。エンターテインメント性だってちゃんとあります。 しかしそんなの当然といえば当然で、長くメディアのトップに君臨し続けていて、優秀な人材がたっぷり所属しているのですから。

しかしそんな当然のことなのに、まったく同じ情報が載っていてもあの「新聞」という形態では気づくことができませんでした。さらに各新聞社はもうずっと前からウェブサイトでニュースの配信をしてますが、トピックやサマリーが並んでるだけじゃどこかのニュースサイトと変わらなくて、写真つきの全文で(まるで「新聞」のように)ドカーンと見せられたときに、ようやくそのスゴさに気づいた、ということのようです。

僕の予想では、あと1~2年のうちにフィードリーダーで情報を取得するユーザーの数が一気にに増加すると思っています。この先もブログなどによる情報発信者の数は着実に増加し、また MODIPHI などによる情報のフィード化が加速し、その上でフィードリーダーによる情報取得の便利さが流布され続けると、その相乗効果によってなにかが臨界点に達したとき、フィードリーダーのユーザー数が爆発的に増えると思います。

そのとき、情報発信メディアとしての「新聞」がこのまま廃れていってしまうのか、波に乗ってグッと伸びるのか、分岐点になるのではないでしょうか。


About this entry


0 コメント: