おれは洗濯バサミが好きすぎる。

タンブラーをやっていて禿しく気づいたことのひとつです。

まぁ、とりあえず見てみてください。
Google Pinned Siamo appesi ad un filo Perchers
どうでしょうか?

どこかファニーだったり、ほんのりと哀愁が漂っていたり、ビビッドな色で元気な感じもいいし、雨にさらされて劣化して色がが抜けてしまった感じもいいです。

日本ではプラスチック製のものが多いようですが、海外では木製のクラシカルなものも多いようで、これがまたいい感じです。

木製のものと同じデザインで素材がクリアなプラスチックのものもあって、これもなかなか捨てがたいです。

それから、日本では布団をはさんだりするために物干し竿ごとつかめるようなタイプがありますが、こいつがまたいい味出してます。

そんな洗濯バサミたちが、洗濯ロープに仲良く並んでぶらさがっていたり、青空の下でからっと乾いたTシャツをはさんで誇らしげにしていたり、雨に濡れて寂しげにしていたりする姿が好きすぎる。

最近 Flickr の検索ではイチオシの下のサイトで

clothespin といれて検索すると他にもたくさん出てきます。
同士求む!(特になにするってわけでもありませんが。)

関連記事


About this entry


2 コメント:

  1. Yoshinori_K 2008年6月21日 5:44

    こんなのも、ありますよ~。

    http://picasaweb.google.co.jp/yoshinorik0001/Algeria01/photo?authkey=wLfvavmNCMY#5127105502755704578
    アルジェリアの洗濯ばさみです(笑)。

    なぜ、洗濯ばさみに、こう関心を寄せてしまうのでしょうね~?

     
  2. H & A 2008年6月21日 8:24

    ホント、不思議ですよね。