都市の匿名性とインターネット

僕らはまず、生まれてすぐは家族の中だけで過ごす。そこは、自分と血のつながった、ごく近しい人たちだけの世界だ。そのころは、自分のまわりにいるすべての人が自分のことを知っている状態だ。

しばらくすると、親戚や、家族の友達と顔を合わすことになる。人見知りをして泣いたりすることにもなる。しかし公園などで遊ぶうちに、だんだんと他者との関り方に慣れていき、幼稚園にあがるころには自分から知らない友達に話しかけることもできるようになっていたりする。

小学校・中学校・高校・大学と進学していくにつれて、自分のまわりの他者の数がどんどんと増えていく。大きな高校や大学では、入学してから卒業するまで、同じ学内にいながらも一度も顔を合わすことのない人もいるだろう。

そして社会に出たとき、他者との関わりは爆発的に増えることになる。まったく知らない人のところへいきなり行って、飛び込み営業しなきゃいけないこともあれば、まったく知らなかった人が突然お客さんになったり、仕事のパートナーになったりもする。

そんな他者との関わりの中で日常を過ごしながら、ふと都市の雑踏の中に立ったとき、まわりにあふれるほど人がいるのにも関らず、自分のことを知っている人がひとりもいないことに気づく。満員電車の中で、息が吹きかかるくらいそばに立っている人のことを、上手に無視することができるようになっていることに気づく。地下通路にいるホームレスの人たちの横を、まるでその人たちは存在しないみたいにして通り過ぎることだってできる。そして、自分だってその対象であることに気づく。

そんなふうにして僕らは、巨大な都市の中で不思議な匿名性を獲得することになる。それは喪失感や孤独感と同時に、不思議な居心地のよさを感じさせる。

インターネットで匿名でいることの是非が議論されることがあるけれど、僕はどちらでもいいかなと思っている。ただ、少なくとも、インターネット上に名前や住所や電話番号が公開されたとしても、ひっきりなしに電話がかかってきたり、ポストがダイレクトメールであふれたり、知らない人が突然たずねてきたりすることはないと思うので、なんの心配もないだろうとは思っている。でもそんなことをすると、ちょっと頭のおかしい人だと思われるおそれがあるのでしないけれど。本名だけは、ちゃんと探せば見つけることができる程度に公開している。

ただ、都市における不思議な匿名性の存在を知っているので、みんながインターネットの世界で匿名でいたがる「気分」は理解することができるような気がする。あの不思議な居心地のよさを知っているから。そしてそこには同時に、喪失感や孤独感があることも知っているから。


About this entry


0 コメント: