THIS IS IT

きのう見てきました。

前半は僕の好きだったアメリカが出てきて
口をあんぐり開けてアメリカに憧れてた頃のことを
ぐるぐると思い出しながら見ました。

ダンサーオーディション。
アメリカンドリーム。
若くて腕利きの女性ギタリスト。
ショーほど素敵な商売はない。

これでもかってほどのショー演出に圧倒される。
ホンキートンクピアノが好きだったあの頃。
すごく大変そうだけど、みんなすごく楽しそうだ。
人生がきらきらと輝いて見えたあの頃。
僕の好きだったアメリカ。

後半は、ただただMJのパフォーマンスに圧倒され続けた。
この人が、この数ヵ月後に死んでしまったことが
理解できているようで理解できないような変な感じ。
こんなに繊細に緻密に力強くやさしく
そして謙虚にショーの準備に取り組みながら
夜には強い鎮痛剤を打って睡眠をとる。

延々とこの繰り返し。

きっと毎日ものすごいプレッシャーと戦っていたんだろうと思う。

最後にスタッフたちに
「不安になることもあるだろうけど
このまま続けていけばちゃんと大丈夫だから」
みたいなことを語りかける場面があるけど
あの言葉はきっと自分に対して毎日語りかけてた言葉だろう。

あらためて、ものすごい才能を失ってしまったことに気づいた。

いまさらだけど、ご冥福をお祈りします。


About this entry


0 コメント: