沢尻エリカ復帰について

沢尻エリカさんに対してそれほど思い入れがあるわけではないのですが、彼女の復帰に対するマスコミの報道について思うところがあるので書いてみます。

今朝モダシンさんのこの記事を読みました。

モダシンさんがおっしゃるとおり、復帰する沢尻さんがマスコミに求めたのは、とても当たり前のことのように思えます。多くのマスコミはその要求を飲めないとしてサインに応じなかったそうです。そしてモダシンさんはこの記事をこう締めくくっています。

まあ、こういうことを守ることができない人達が今は報道に携わっている、という理解でいいわけですね。

確かににその通り!っと全面同意を表明して、タンブラーに Quote Post して終りのはずだったのですが、その後に読んだサイゾーのこの記事によって、この記事を書くことになりました。

沢尻からマスコミに対し、6カ条に関する謝罪の言葉は聞けなかったものの、この「90度」が彼女なりのメッセージなのかもしれない。

マスコミは自分たちがどんだけエラいと思っているのでしょうか? 沢尻叩きがそれほどみんなに支持されてないことに、そろそろ気づいて欲しいものです。

しかし、マスコミに自分たちが支持されていると錯覚させているのは、テレビで言えば視聴率という手綱によってマスコミを誘導してきた我々視聴者自身であることも確かです。

10/03/19追記

90度のお辞儀の理由はきっとコレ。

泣ける。


About this entry


2 コメント:

  1. ハヤタク 2010年3月18日 19:56

    なぜ謝罪なんでしょうね。

    マスコミは視聴者を過去の虚像で捉え、ネットという巨大な力が背後にせまっているのに余りに大きすぎて気付いていないように見え滑稽ですね。

     
  2. H & A 2010年3月19日 5:54

    ハヤタクさん、コメントありがとうございます。
    ある人は、もうずいぶん前に「マス」は消滅した、と言っていました。
    マスコミは自分たちの存在意義を示すため、瞬間的に自ら「マス」を作り上げているに過ぎない、と。
    テレビがTwitterに勝てない本当の理由-山口 巌 - アゴラ - BLOGOS(ブロゴス) - livedoor ニュース