いま知ってることだけで仕事できるとか思いすぎる

仕事や、いろんなものごとに取り組むとき、それがその前にも何度かやったことだったりすると、すでに知っていることだけでうまくできると思ってしまう人がいる。

もちろんそれでうまくいくこともあるわけだけど、でも多くの場合、その時の状況にあわせてアレンジする必要がある。
状況というのは、短期的にいえば天候や時間帯の変化などで、長期的にいえば時代や流行の変化などがある。

それらの変化に対応するためには、常に敏感に新しいことを吸収し、同じことを行うにしても、以前よりもうまく早くできるように技量を高めていかなければならない。

たとえば伝統工芸の優秀な職人たちは、ただ淡々と昔と同じことを続けてやっているわけではなく、常に細かく変化させている。常に変化している我々が見て、常に変わらず魅力的に見えるということは、そういうことなのだと思う。


About this entry


0 コメント: