女子大生が有名人のデートを見つけてツイートした事件のこと

あるホテルのレストランでバイトしていた女子大生が、有名人カップルの来店を見つけてツイートしたそうだ。世間は今、その有名人カップルのデートのことよりも、その女子大生がツイートしたことを問題にして大騒ぎになっている。ホテルは謝罪のコメントを出したそうだ。

よくわからないのは、この女子大生がツイートしたことがそんなに悪いことなのか?ということだ。
これをマスコミがやっていたら、なにも問題にはなっていなかっただろう。でもマスコミはこんなに簡単にツイートしたりはしない。だってせっかくのスクープが軽く扱われてしまうから。ちゃんと面白おかしく肉付けをして、できれば写真なんかも添えて、大きな見出しと共に発表しただろう。

ちょっと前に大桃美代子さんのツイートが話題になっていた。別れた夫の不倫を暴露したあれだ。不倫の相手が麻木久仁子さんだったことも衝撃的だった。あのときも不倫された側の大桃さんが、軽々しくツイートしたことを謝罪する会見を開いた。どうしてだろう?と、なんだかよくわからないでいたら、なるほどと思わせてくれる記事があった。

とはいえ、彼女は干されるだろう。
理由は、テレビ業界の人間にとって、インサイダー情報の漏洩は掟破りだからだ。
掟は、法よりも厳格なものだ。
暴力団の構成員は、法を犯すことをためらわない一方で、仲間内の掟を破る人間を絶対に許さない。テレビの人たちも同じだ。彼等は、基本的には、発覚しない限り、何をやってもかまわないと考えている。でも、同族の掟を破る人間はどんなことがあっても許さない。彼等は、少女買春にかかわった人間や、覚せい剤で逮捕された仲間でも、時間がたてば許すことにしている。が、業界の仁義をないがしろにしたメンバー(沢尻エリカとか)は永遠にハブる。そういう人たちなのだ。

なるほど。「インサイダー情報の漏洩」だったわけだ。しかしそんなの僕達にはなんにも関係ない。マスコミの勝手だ。
しかしおもしろいのは、現実はこの記事での予想とは逆になって、麻木さんは活動自粛を発表し、大桃さんはこれまでどおりに活動しているらしい。どこかで力関係が狂ってきているのかもしれない。

こうやって考えると、女子大生のツイートに本当に怒っているのは誰なのかがおぼろげに見えてくるような気がしておもしろいようなおもしろくないような。


About this entry


0 コメント: