スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2011の投稿を表示しています

はじめて考えるときのように / 野矢 茂樹

いま大活躍中の若手建築家、サポーズデザインの谷尻誠さんの愛読書だということで買ってみました。谷尻さんは新しい建築のアイデアを考えるときに、たびたび取り出しては繰り返し読んでいるそうです。

「考える 」ということについて、とことん考えたことを書かれた本です。
 「哲学的道案内 」となっているので小むずかしい内容かと思われるかもしれませんが、とても平易な文章で、ところどころにユーモア(村上春樹的)を交えながら書かれているので、とてもすんなりと読めて、とてもすんなりと内容がはいってきます。

「考える」ってどういうことでしょう? 「考えている」状態ってどういう状態でしょう? この本を読むと、「考える」というのは、ウンウンと唸りながらアイデアをひねり出そうとすることではない、ということがよくわかります。

考えるためには、まず考える対象、つまり問題を理解する必要があります。すぐに答えが出るような問題については考える必要がありません。学校のテストの問題のように、あらかじめ答えが用意されていて、解法の道筋を理解してしまえば解ける問題については、この本では「考える」対象にはなっていないようです。

と書き始めてみましたが、なんだかうまく説明できそうにないような気がしてきましたので、この本でそのあたりのことが書かれた部分を引用してみます。

ただお風呂に入っても、ぼくなんか「ウー」とか言うだけだけど、一度言ってみたいもんだ。ヘウレーカ!
でもそのためには問題をかかえていなくちゃいけない。アルキメデスは問題をかかえて、ビンビンにチューニングしてあったから、言えた。結果的に、お風呂に入ることが彼にとって一番効率的な考え方だったことになる。
「考える」てのは何したっていいんだ。

「スキップする」というのは特定の行為の型だけど、「考える」ってのはそれとぜんぜん違って、何か「考える」ことに特徴的な行為の型ではない。「考える」ということばは、そもそも何かすることに対してつけられた名前じゃないんだ。それはいろいろなことをすることだし、何もしなくたっていい。ただ、問題をかかえ、ヘウレーカの呼び声に耳を澄ますこと、研ぎ澄ますこと。
8年間、ひとつの問題をずっと考え続けていたっていうのも、だから、けっして嘘じゃない。その人はただひたすら、その問いを呼びかけ、かすかに聞こえるこだまに耳を澄ましていた。そしてほかの音…