スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2012の投稿を表示しています

ポゼッションとは

ただいまロンドンオリンピックが絶賛開催中でありまして、サッカー日本代表が男女ともに快進撃を続けています。今朝未明に女子代表がフランスに勝って決勝に進出しました。
しかし女子代表については、このオリンピック代表とほぼ同じメンバーがワールドカップで優勝しているわけですし、その後も親善試合などでは王者らしく王者としての試合をしてきており、世界の女子サッカーが日本女子のサッカーをお手本としスタンダードにしようという動きも出てきているくらいなのですから、もうそろそろ、まだ番狂わせの感もあったワールドカップの頃に念仏のように唱えられていた「最期まであきらめない力」や「フェアプレイ」などの、泥臭く格下が上を狙いに行くようなフレーズを多用するのはヤメにしてはどうかと思います。もちろんそれらの大切さは十分に理解したうえでの話です。そしてそういう認識があれば、予選最終戦での引き分け狙いの試合運びを問題視する動きは出てこないはずなのです。

そんなことを考えながら試合中継をテレビ観戦しているわけですが、解説の人やアナウンサーが発する言葉で、上で書いたことよりも引っかかることばが「ポゼッション」です。ポゼッションとは「支配率」のことで、サッカーでは「ボール支配率」のことをいい、全体の時間のうち、そのチームの選手がボールを保持していた時間の割合を示します。試合の途中や最後にポゼッションの数値を紹介しつつ試合分析をするのがお決まりになりつつあります。
しかしこのポゼッションという言葉がまだまだ聞きなれない言葉であることから、アナウンサーなどが「ポゼッション(ボール支配率)」(アナウンサーは、かっこは発音せずに一呼吸おくだけですが)(←ややこしくなってる)などと並列して言ってみたり、ていねいな人は「ポゼッション、えーこれは各チームのボール支配率のことを示しますがー」などと言ったりします。アナウンサーの人は短い時間の中でたくさんの情報を伝える必要があるわけですから、ポゼッションなんてややこしい言葉を使って、さらにその言葉の解説までしながらしゃべらなくても、はじめからボール支配率と言えばいいと思うのです。
さらに解説の人の中には「ポゼッション率」などと言う人もいます。これは「ボール支配率率」と言っていることになって完全におかしいですね。だーかーらー、もーボール支配率でいーですっって。

「ポゼッション…