カワラナイモノ

最近の旭川はもうすっかり寒くなって、街は一面の雪景色です。この季節になると、晩酌には焼酎のお湯割りが登場することになります。できれば梅干し入りで。この焼酎のお湯割り梅入りですが、飲むときにちょっとしたお作法のようなものがあります。

一杯目は梅干のエキスをちょっとだけ出すように、グラスの底に沈めた梅を箸で少し突付くくらいで。二杯目は梅を二つに割って種を出し、果肉をあらわにして飲みます。三杯目は果肉を細かくバラバラにして、それをかき回してグラスの中を桜吹雪(梅吹雪?)のようにしながら飲みます。

一個の梅干でこれだけ楽しんだら、梅も梅干しになったことをさぞ喜んでいることでしょう。ところでこのお作法ですが、僕が生み出したわけではなく、20代の頃に見たテレビドラマの中で中井貴一さんがやっているのを見て覚えたのです。安い居酒屋のようなところで、いっしょに来ていた女性に、この飲み方をとても自慢気に教えていたのを覚えています。

それがどんなドラマで、いっしょにいた女性が誰だったのかが思い出せなかったので調べてみると、どうも「まだ恋は始まらない」だったようです。小泉今日子と中井貴一のダブル主演とありますので、いっしょにいた女性は小泉今日子さんだったのかもしれません。

このドラマを見ていた頃のことを思い出してみると、そのころ僕は結婚したばかりで、大阪の建築設計事務所に勤めていました。その会社にはちょうど10年間務めましたが、本当に仕事にどっぷり浸かりきっていた10年間で、毎日残業して帰宅するのは9時過ぎで、ゴールデンタイムのテレビ番組はほとんど見たことがなくて、この時期に流行っていたポピュラーソングなどはまったく知らなくてビックリします。そんな時期に毎回欠かさず録画してまでも見ていたドラマがこれです。とはいえ、まぁそういうドラマは他にも「オレンジデイズ」とか「ビバヒル」とかありますが。

僕はそのころ、焼酎なんて飲んだことがなくて、それを見ながら「へぇ、どんな味がするんだろう?」なんて思っていました。はじめて焼酎を飲んだのは、それから何年もたったあとだったはずです。今では焼酎の中でも匂いの強い芋焼酎を好んで飲むようになりました。立ち上る匂いを楽しむため、夏でもお湯割りにするくらいです。

ところで、中井貴一さんと小泉今日子さんといえば、最近やっていた「最後から二番目の恋」でもダブル主演していましたね。「まだ恋は始まらない」以来17年ぶりの共演だそうです。しかし、中井貴一さんの印象が、その頃と今とでほとんど変わらないことにビックリしてしまいます。並べて比べたら、そりゃきっと違うでしょうけど、僕の脳内の印象ではまったくいっしょです。

世の中、変わらないものもあれば、すっかり変わってしまうものもあって、いろいろだなぁ、なぁんてことを考えながら、三杯目の焼酎をクルクルと掻き回すのでした。


About this entry


0 コメント: