そげキングが好きだ。

小6の息子の影響で3年ほど前からマンガ「ワンピース」を読み始めたのですが、みごとにハマってしまいました。作者の尾田栄一郎さんはジャンプ編集部にこの作品を持ち込んだ時に第1回と最終回のふたつを編集者に見せて連載を決めたという逸話があるそうですが、そんな信じがたいような逸話も、もしかするとそうかもしれないなぁと思わされるほど作品全体に緻密に計算された様々な伏線が張り巡らされていて、コミックスでいうと20巻分くらいの時間を挟んだ過去のひとコマに伏線が隠されていることなどがザラにあったりします。

そんなワンピースの中で僕がいまのところ一番好きな部分は、麦わらの一味がウォーター・セブンについてからエニエス・ロビーでの死闘を繰り広げたのちに、ニコ・ロビンをほんとうの意味で一味の仲間とし、さらにフランキーを船大工として仲間に加えるまでの一連の流れです。
そのあいだに一味が乗ってきた海賊船ゴーイングメリー号の破損が大きいために修復が不可能だという判断で船を乗り換える決断がくだされ、その決断に納得できなかったウソップが一味を離れます。しかし一味から離れきれなかったウソップは仮面をかぶり「そげキング」と名乗って一味を追いかけます。まぁ仮面から長っ鼻がはみ出しまくっているのでルフィーとチョッパー以外にはバレバレで「そげっプ」などと呼ばれたりしてます。
しかしエニエス・ロビーの戦いでは、このそげキングの大活躍によって一味は勝利をおさめることができ、その活躍がもとでウソップはそげキングの姿で海軍からの懸賞金を掛けられることになります。

そげキング、そしてウソップの魅力はやはりそのヘボキャラにあるわけですが、魚人島での戦いの前の2年間の修行を経てウソップがやたらとたくましくなってしまい、ちょっとした頼りがいなども生じ始めているので困っています。やはりウソップには常に全力のおよび腰で敵に立ち向かってもらいたいし、そしていつの日かまたあのそげキングのお面をかぶって活躍してもらいたいものです。

「そげきの島はどこにあるのかって? それはね、君たちの心の中さ。」



Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズNEO-5 そげキング
発売元: メガハウス
価格: ¥ 4,199 (17% OFF)
発売日: 2008/07/17
売上ランキング: 4851

ワンピース そげキング ワッペン
発売元: コスパ
価格: ¥ 1,260
発売日: 2011/07/10
売上ランキング: 132285

フィギュアーツZERO ウソップ (新世界Ver.)
メーカー: バンダイ
価格: ¥ 2,780
発売日: 2011/10/29
売上ランキング: 2991


About this entry


0 コメント: