館内放送に芽生える自我とは

最近、特に用事がなければ、毎週土曜日の午後はプールへ行って泳ぐようになりました。まずサウナに入って、長いときは出たり入ったりしながら30分くらい入って、そのあと30分泳いで、そのあとまたサウナに入って帰ってきます。そんな僕のサウナライフ(←プールと違うんか)の中で最近気づいたことがあります。
そのプールでは毎時間10分間、すべての人をプールから出して休憩時間を取るのですが、その休憩時間の最初と最後に館内放送が入ります。「みなさまの事故防止と休憩のため、10分間の休憩時間を取ります。プールから上がってください。」という感じです。そのあとプールでの注意事項をいくつか読み上げます。その内容は毎回まったく同じなのですが、それを読む人の違いによって聞く側が受ける印象がまったく違うことに気が付きました。

ほとんどの場合、声の印象から想像するに40〜50代くらいの女性が読むのですが、その人はものすごくハキハキとキッパリサッパリと読みます。ちょっと早口で。そのちょっと度を過ぎたキッパリさ加減は、聞く側が思わず萎縮してしまうほどです。
その人とは別の、やはり40〜50代くらいの女性が読む場合もあるのですが、その人はちょっとネットリした感じで、語尾などにほんのりと「媚(こび)」のようなものがあって、可愛らしい印象で、これ読んでる時きっと口角が上がってるだろうなぁと感じます。
頻度はグッと下がるのですが、20代くらいの若い女性が読む場合もあります。彼女はまるで学芸会の劇のセリフのような、国語の授業中に教科書を朗読してるみたいな、まったくの無感情でフラットな印象です。誰かに心を抜かれてしまったかのようです。
さらに頻度が落ちるのですが、男性が読むこともあります。若い男性の場合もあれば、おじさんの場合もあるのですが、どちらの場合も、先ほどの20代くらいの若い女性ほどではありませんが、適度に感情が抑えられていてフラットな印象です。したがって男性が読んだ場合、その文章の意味以外にその放送から伝わってくるのは、その人の年齢はだいたいこれくらいかなぁという情報くらいです。

以上のことから僕が気づいたのは、まず、男性がこういう放送をする場合、誰が読んでもだいたいフラットな印象になるということ。そして女性が読んだ場合は、年齢によって大きく違うということ。結婚前くらいの若い女性の場合、必要以上に感情を消し去るようです。逆に結婚・出産を終えたくらいの女性の場合、必要以上に感情を込めてしまうようです。ものすごく「押し」が強いです。結婚前に引いてたぶん、余計に押しているかのようです。どこかの段階で突然、自我が芽生えるみたいです。

そういう意味で考えると、プロのアナウンサーの女性はいくつになってもフラットに原稿を読むことができていることに気づきます。またデパートなんかの館内放送で語尾がものすごく妙な感じになっていることがありますが、あれはきっと年齢によって自我が漏れ出してしまうのをカモフラージュするためなんじゃないかと思えてきます。

すべての女性は生まれながらにして女優だ、なんて話を聞いたことがありますが、なんだかそういうことなのかもしれません。


About this entry


0 コメント: