スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2013の投稿を表示しています

おさるのジョージ的な存在を受け入れるということ

我が家では家族中が大好きなんです「おさるのジョージ」。

たぶんアメリカのニューヨークあたりに住んでいる「黄色い帽子のおじさん」と、そのペットで好奇心旺盛な「おさるのジョージ」が繰り広げるお話です。このジョージがかなり賢くて、言葉はしゃべれないものの何でもほとんど人間並みにこなします。いいたいことも身振り手振りでちゃんと伝えます。おじさんに頼まれて近所までひとりで買い物にいくことだってあります。すごいですね。おじさんに書いてもらったメモをお店のひとに渡して、あとは得意の身振り手振りで伝えます。

と、ここまではいいのです。ここからはこのおはなしでよくあるパターンなのですが、お店のひとが急な用事ができてしまい、店番をジョージに頼んでどこかへ出掛けてしまうのです。ジョージのことをよく知る顔見知りのお店でならまだわかるのですが、はじめて訪れたよく知らないお店でもこういうことがよく起こります。
ここでいつも僕はよくわからなくなってしまいます。どういうことなんでしょう? このおはなしの中では、おさるは一般的にとても知能が高くて、それも大人の人間並みに知能が高くて、よく街をひとりで出歩いていたりすることもある、という設定なのでしょうか?(この「設定」というのはとても便利ですね)そうでなければちょっと理解できません。それともそんなの全然気にするところじゃないんでしょうか?

そういえば以前にも似たようなことを書いたことがありました。「ポニョみた。」です。そうでした。大切なのは「不思議なことを不思議だと認識しながら、あたりまえに自然に受け入れる」ことなのでした。すっかり忘れてしまっていました。不思議なこと、納得いかないことに意義を唱えて排除しようとするとキリがないのでした。そういうものだと無理矢理にでも納得して受け入れてしまうことによって、ようやくものごとが先へ進んでいくのでした。

僕が生まれ育った家は駅の近くで、家から駅までの道の途中に映画館がありました。子供の頃には友だちとそこで「ゴジラ対メカゴジラ」を観たりもしたのですが、いつの頃からかピンク映画しか上映しなくなってしまいました。おもてにはそういう映画のポスターが張り出されていて、みんなそれを見て見ぬふりして歩いていました。うまく見て見ぬふりするために、映画館の前を通るときは反対側の歩道を歩いたりしていました。みんなとてもうまくそ…

月を愛でる

日本では明治5年まで太陰暦が採用されていました。
太陰暦とは、ひと月の長さを月の動きを基準にして決める暦のことで、これに対して一年の長さを太陽の動きを基準にして決める暦のことを太陽暦といいます。
正確には、月の動きのみを基準する暦のことを太陰暦といい、ひと月の長さを月の動きを基準として決め、1年の長さを太陽の動きを基準にして補正する暦のことを太陽太陰暦というそうで、明治5年までの日本で採用されていたのは太陽太陰暦ということになります。純粋な太陰暦では、太陽暦と比べて1年の長さが11日ほど短くなるため、3年に一度「閏月」を設けて、1年を13ヶ月にして調整するのです。

話が少し横道へそれてしまいましたが、今日書こうと思っていたテーマについて調べていたら、ちょっとおもしろかったので触れてみました。
言いたかったのはつまり、日本人が大切にしている古きよき日本の文化が育まれ、熟成された江戸時代までの日本では、ひとびとは月の動きにしたがって生活していた、ということなのです。

西洋と日本では、月に対するイメージが大きく違います。西洋では、月は狼男や魔女を連想させ、不吉や孤独などのネガティブで悪いイメージがあり、満月の夜には警察や病院が満員になるなどと言われたりもしています。「月」luna(ルナ)は、lunatic「気がふれる、狂人」という意味で、moon にも、moon struck「気がふれる、昔、月の霊気の影響とされた」という意味があります。
それに対して日本では、月はとても身近な存在として親しまれています。月の表面にはお餅つきをするかわいいウサギをみつけ、月をモチーフにした絵画や美術品が数多くあります。かの有名な桂離宮は貴族が月見をするための施設として建てられたそうで、池にせり出した月見台があり、建物内部の様々な部分にも月のモチーフが散りばめられています。竹から生まれた美しい姫が月へ帰っていく竹取物語があるように、日本では月に、静謐で神秘的なイメージをいだいているように思います。

江戸時代までの日本人は、暦を確かめる意味だけでなく、日が暮れると自然と月を見上げていたのではないでしょうか。そういえば村上春樹の「1Q84」でも、主人公が公園のすべり台の上に登って月を見上げるシーンが印象的に描かれていましたね。それにあの小説では物語の芯にずっと、神秘的な月の存在がありました。

神秘的…