ヨルタモリ的革新

この前の日曜日、9月20日をもって「ヨルタモリ」が終了してしまいました。大好きなテレビ番組で毎回欠かさず録画して観ていただけに残念でなりません。この心の空白は、10月から「孤独のグルメ」の新シリーズが始まる期待感で埋めることにして、今日はこの「ヨルタモリ」が起こした革新性について書いてみます。

まず第一に、宮沢りえの存在です。彼女はこの湯島あたりにあるバー「White Rainbow」というお店のママで、この番組には絶対に欠かせない存在です。
この番組が始まる前は「りえママ」といえば敏腕マネージャーでもある彼女の母親のことでしたが、この番組以降「りえママ」は彼女自身のことを指すようになりました。こんなママのいるバーがあったら身を滅ぼすまで通いつめる自信があります。
テレビ局からタモリさんに番組制作の打診があった時に、共演者として宮沢りえが出演するならやってもいいと答えたという話がありますが、これがこの番組を成功へと導きました。宮沢りえがこんなに魅力的ないい女になっているということを世に知らしめたことが、この番組が成し遂げた大きな革新のひとつと言っていいでしょう。

次にゲストの取り扱いに関する革新性について書いてみます。
この番組の出演者は、宮沢りえ扮するバーのママと、そのバーの常連客としてタモリ扮するジャズ喫茶オーナーの吉原さんや建築家の近藤さんなどがいます。そこへ一見客として週替りのゲストがやってくるのですが、その他に超常連客として毎回欠かさずカウンターのど真ん中に座るのが能町みね子さんです。この人をここに座らせたのがこの番組のスゴいところだと言えます。僕はこれまたほとんど欠かさず「久保みねヒャダこじらせナイト」という番組を「久保ヒャダこじらせナイト」だった頃から見ているので、この方の存在はよーく知っているのですが、一般的にはあんまり知られていない人だと思います。オカマでエッセイストで漫画家です。久保ミツロウさんとラジオもやっていたりします。独特な感性で鋭い発言をします。番組の始まった当初は緊張のせいか発言が少なかったのですが、徐々に緊張もほぐれてきたのか要所を締める発言でアンカーパーソン的存在となりました。「久保みねヒャダこじらせナイト」とこの番組とは出演者が完全にかぶっているので、なにか深いつながりがありそうです。
さらにこの番組では、カウンター奥の席に毎回一人か二人、音楽担当ゲストともいえるお客さんが座りました。タブラ奏者のU-zhaan やフラメンコギター奏者の沖仁あたりを軸にして、あまちゃんで有名な大友良英や、ヒャダイン、高橋幸宏、小室哲哉(!)などが座り、毎回バーの中で自然発生的かつ突発的に行われるセッションで重要な存在となりました。このセッションを見るたびに、音楽ってこういう風に存在するべきものなんだなぁと思い知らされました。

さらに、バーの中でお客さんたちがみんなで見ているテレビ番組という設定で流される短い番組の完成度の高さも革新的です。タモリの「宮沢りえに叱られたい」という欲求を満たすために作られたかのような「連続 怒ラマ」や、プロのミュージシャンたちの演奏に合わせてタモリが即興で歌う「世界音楽紀行」、そしてさまざまな物議をかもした「クローズアップしすぎ現代」などがあります。中でも最終回の最後に放映され、最後のひとことでフラメンコギター奏者の沖仁を感動のあまりマジ泣きさせた「始点・終点」は、このままこれだけでレギュラー番組化してもおかしくないくらいの完成度の高さでした。

このように毎回盛りだくさんの内容で30分番組では惜しいくらいでした。終わってしまったことが残念でなりません。しかし、最終回の最後の最後に流された国際信号旗によるメッセージが「マタミテクレルカニャ」となっていたそうなので、期待して待っていることにします。

Posted at : 9:51 on 2015/09/26 | 0 comments | Filed under: